日商PC検定

日商PC検定とは

日商PC検定 公式ホームページ
https://www.kentei.ne.jp/pc

● 累計30万人の受験実績を誇る公的資格です。
   数あるパソコン関連資格のなかでも、商工会議所が実施する公的資格として位置づけられ、
   企業や教育機関から高い評価と信頼を得ています。


● 随時試験ですぐ合否が分かります。
   いつでもパソコン寺子屋で受験でき、試験終了後にすぐ合否がわかるので、
   自分の予定に合わせて短期間に連続して資格取得が可能です。


● 実務能力を証明できます。
   企業において、ビジネス文書・資料を作成出来る能力は不可欠です。
   資格取得により、パソコン操作力だけではない実務能力が証明されます。


● 就職力がアップ
   全国の商工会議所会員企業126万社の人材ニーズを踏まえた
   企業実務に直結した内容により、学習を通じて即戦力となる
   ビジネススキルが得られ「就職力」がアップします。


● プロフェッショナルとしての能力を証明
   「文書作成」「データ活用」「プレゼン資料作成」
   いずれも2級以上合格した方に、申請に基づき、
   「日商PCプロフェッショナル認定証」(カード)を交付しています。(無料)
   本証の取得により、企業実務で求められる高度なIT活用能力を全て有することが証明されます。


● 習熟度に応じたレベル設定>
   学習の到達度にあわせて、Basic(基礎級)から1級まで、段階的に資格を取得できます。
   ※パソコン寺子屋では2級まで受験できます。
   ※プレゼン資料作成分野にはBasic(基礎級)を設けておりません。


● 履歴書・ジョブカードへ記載可能
   公的な職業能力証明書である「ジョブ・カード」に取得資格として記載することができます。


リーズナブルな受験料

分  野 価 格 (税 込)
文書作成分野(ワード)
データ活用分野(エクセル)
プレゼン資料作成(パワーポイント)
2  級 7,400円
3  級 5,400円
Basic(基礎級) 4,200円

MOS(Microsoft Office Specialist)との違いは?

WordやExcelの機能を知っていれば合格できるのがMOSです。
機能を知っていれば合格することができます。しかし、
その反面、普段は使用しないような機能まで覚える必要があります。

日商PC検定では、身に付ける機能こそ最低限ですが、
自分で文書作成したりデータ修正したりするスキルが求められます。
つまり、日商PC検定に合格すれば、
自分自信の力でひとつのモノを創り上げる能力が身に付き、
それを証明できるというわけです。

求人広告でよく見かけるのが
「Word・Excelができる人」

つまり、自分の力で文書や資料が作成できる人!
実践的で就職後にも役立つスキルを習得できるのが
日商PC検定なのではないでしょうか?

日商PC検定は、パソコン寺子屋で受験できます。

試験形式

知識科目と実技科目があります。
知識・実技科目ともに100点満点中70点以上を取得した場合のみ合格です
どちらか片方だけ70点以上の場合であっても、次回への持越しができず、
再度知識科目と実技科目の両方を受験する必要があります。

知識科目 実技科目
Basic(基礎級) 知識科目の受験ありません 30分
3級 15分(三択問題) 30分
2級 15分(三択問題) 40分

いつもの教室でいつものパソコンで受験!

小学生から60代の方まで検定にチャレンジし、合格されています。
京田辺教室では開店5年で230名の方が合格されました!

パソコン寺子屋のレッスンに来ている生徒さんは、
いつもの教室で、いつものパソコンで、いつもの先生が試験監督、と、
安心できる環境で落ち着いて受験することができます。



宇治東塾ブログ

枚方塾ブログ

京田辺塾ブログ

今週のキーワード

『  』

【9月】1つ目のキーワード
8月分の引き換え:
8/22 ~ 9/10
@pcterako からのツイート

◆各教室のLINEに
お友達登録をして、
パソコン寺子屋の
お得な情報をGET♪
してくださいね!

↓宇治東教室LINE↓

友だち追加数

↓枚方教室LINE↓

友だち追加数

↓京田辺教室LINE↓

友だち追加数

このエントリーをはてなブックマークに追加